この男性がこの放棄されたヴィラで発見したものは奇妙でした。

通常、放棄された家は残念ながら泥棒により荒らされている場合が多いです。そこにもはや誰も住んでいなくても、他人の貴重品を盗むというのは奇妙なものです。この大きな家について注目すべきことはその内装がその所有者がいつでも帰ってこられるほどそのままの状態だったということです。

2013年に歩いているときにたまたまこの家を見つけたわけですが、彼らは2018年にその家の様子を見るために再び訪れることに決めました。

2018年に再び訪れた時、家には全ての家具と所有物がそのまま存在しており、美しいままでした。

素敵なストーリーだと思いましたか?そう思いましたらぜひお友達に共有してください!