彼がこの廃屋から作りあげたものを決して信じることはできないでしょう。

今日では人々が一軒家やマンションを買うのが難しくなっています。これは、世界中で新築の家をあまり建てなくなっていることに一部原因がありますが、それによって需要の方が供給を上回っているのです。結果として住宅価格が大幅に上昇し、住宅ローンを組むためにさらに多額のお金を借りる必要があります。

この男は十分な金額の住宅ローンが組めなかったために、数年間空き家になっていたあばら家を買うことにしました。この利点としては、自分の好きなように建物を改装できることです。さらには、最終コストが大幅に下がるので、不動産ブローカーで組むローンの金額が削減できます。

その家は全体が壊れているように見え、内側も外側も古ぼけていました。だからこそビョルンとその妻は正しく耐久性のある資材で施工することのできる良い建築計画を立てる必要がありました。家を買うお金が少なくて済んだので、「夢の家」を実現するするために 50,000.-ユーロの予算を残すことが出来ました。

そのあばら家は今どうなっているのでしょう?次のページで結果をご覧ください。