この男性がこの放棄されたヴィラで発見したものは奇妙でした。

世界中には一軒家やアパートを探している人がたくさんいます。その結果、住宅の値段は上昇するばかりで、住宅ローン会社から多くの借金をしなければならず、最終的により多くの費用がかかってしまうこととなります。しかしながら、いまだに多くの捨て去られた空き家が存在します。この男性は彼の友人と森の中を歩いていた時、突然、私有地に巨大なヴィラが建っていることに気づいたのです。

そのヴィラは明らかに放棄されていましたが、彼らはそれでも内装がどのようになっているか好奇心のあまり、見たがりました。彼らが大きな家の前に立った時、外装がまだ古びた状態ではないことに気が付きました。彼らが何の変哲もないの扉からその家に踏み込むと、奇妙なことが起こりました。

家が放棄される理由は明らかにされないままなことが多いです。それは経済的な問題と関連しているかもしれません。彼は家に入ったとき、予想にもしなかった奇妙なものを見ました。次のページで、彼らが踏み込んだ時に一体何を発見したのかが明らかにされます。